通販とダイエットの歴史

ダイエットグッズを通販で購入する人が増えていますが、
元来はカタログによるものだったようです。
今から100年以上前、アメリカの農村部でカタログを使って行われていた商売が発端となっています。

 

19世紀の末にはシアーズ等の大手カタログ販売業者が設立されました。
現在の通信販売の基礎となるカタログ販売が本格的に広まったそうです。
1970年代に、日本ではテレビショッピングやラジオショッピングが盛んになりました。
国内で最初に行われた通販は1876年に米国産とうもろこしが販売されたことからです。
配達システムが整ったこと、インターネットの利用者が増えたことから、その後も通販はどんどん広まっています。

 

一方、ダイエットはどのような形で広まったのでしょうか。
始まりは18世紀末のアメリカで、中流の人たちにも十分な食事が行き渡った頃からのようです。
食べすぎによる肥満が問題視され始め、ダイエットブームが起こったのが最初だとされています。
ダイエット方法、ダイエット器具を扱うビジネスが始まり、1860年代に肥満に対する批判が起こります。

 

アメリカでは、肥満に対してマイナス印象を持つという考え方が1890年代には定着し、
第一次大戦中は浪費や飽食に対して批判的な考えが主流になったようです。
肥満は社会からの批判対象となりダイエットへの脅迫観念が人々に浸透したそうです。

 

医療保険についても、アメリカは加入していない人が多いため、病気にならずに済む方法かせ求められています。
ダイエットだけでなく健康、美容、エステ、サプリメントなどが早くから定着し、通販も発展したのでしょう。